全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!

 【期間限定】口座開設で1万円キャッシュバック!

2014年03月08日

米雇用統計のこと

先日、米雇用統計の発表がありましたね〜。

あれの影響で、ドル円が一気にグンと値上がりしておりました。


さて、この『米雇用統計』って具体的にはどういうものなのか
書いてみようと思います。

雇用統計は、ある国における雇用の状態を表す統計です。
政府が金融政策の方針を決めるときに参考にしています。

特にアメリカの雇用統計は影響力が高く、米雇用統計の発表時には大きな値動きが起きます。
発表時にはお祭り騒ぎです。
毎月第一金曜日の22:30に発表されます。(サマータイム時は21:30)


雇用統計には10項目以上の指標がありますが、
最も重視されるのが「非農業部門雇用者数 」と「失業率」です。

特に、「非農業部門雇用者数 」が前期間の数値からどれほど増えているのか、
あるいは減ったのかが、注目の的です。

発表値が予想値を上回るとドル買い、下回るとドル売りという流れが起こります。

非農業部門雇用者数のほうは予想を超える変化が起こることが多いです。


とはいえ、為替レートへの影響は一瞬のものです。
しばらく経つと落ち着きます。

ちなみに、なぜこれらの発表が重視されるのかというと、
FRB(連邦準備制度理事会)がこの数値を元にこれからの金融政策の方針を決めるからです。
(※)FRBの活動目的は、雇用の増大と物価の安定です。

特にFRBの行う「政策金利」の調整は為替に大きな影響を与える要因ですが、
それについてはまた今度。



タグ:米雇用統計
posted by 謎のアラフォー・アラ爺 at 22:00| 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米雇用統計の影響で103円75銭に!

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!応援クリックお願いしますm(__)m



さて。米雇用統計が発表されましたね〜。

22:25分には102円95銭ほどだったのが、
発表後の22:30には103円49銭まで跳ね上がっています。
ピークでは103円75銭ほどを記録しました。

ニュースによりますと、非農業部門雇用者数が前月比17万5000人増とのことです。

市場予想は14万9000人増でしたから、予想を大幅に上回った結果になりました。
1月期は12万9000人増でしたから、一気にグンと増えたということになります。

他にも、民間部門16万2000人増、政府部門1万3000人増、
製造業部門6000人増などなど、増えまくってます。

寒波の影響でそこまでは増えないと思っていましたが、
思ったより増えているw

やはり今年度から緊急失業保険給付が打ち切られたことが
原因なんでしょうね。生きるのって大変(^_^;)


7日は米雇用統計を控えておりましたので、
為替市場はドル売りが優勢でした。一方ユーロとオセアニア通貨などが好調。
ユーロ円、豪ドル円、NZドル円が上昇していました。


さて、今回の発表に際して
市場は「FRBは100億ドル程度の追加縮小を継続する可能性が高い」と判断したようです。

これからの値動きに注目しましょう♪

にほんブログ村 トラコミュ 為替予想(短期・中期・長期なんでも)へ
為替予想(短期・中期・長期なんでも)


      ↑
為替の値動きを予想されている方もいらっしゃっておもしろいです♪

タグ:米雇用統計
posted by 謎のアラフォー・アラ爺 at 03:44| 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。